• 富士見L文庫『あやし絵刺繍幻燈譚』発売のお知らせと京繍取材記

     
    史間です。
    新作を出していただくことになりましたので、お知らせいたします。
    6月15日発売『あやし絵刺繍幻燈譚』富士見L文庫
    AYASHIe01-COVER-OL
    主人公兄弟を美しく描いてくださったのは、北沢きょう様です。
    背景に描き込まれた明治銀座煉瓦街にもうっとりします/////
     
    富士見L文庫公式サイトで第1幕を試し読みできます。
    ★あらすじ
    古寺織物に勤める原画師の早苗と刺繍師の瑞穂は、性格も見た目も正反対の兄弟。二人はある日、人にとり憑いているという刺繍の検分を依頼される。一族に伝わる刺繍の「秘術」で事件を解決しようとする二人だが……(富士見L文庫公式サイトより)
     
    お人好しの兄・早苗と、強気で言いたい放題の弟・瑞穂が主人公です。
    二人が互いを想い合い、でもかばい合うだけがそうではないと気づき、共に強く生きてゆこうとする物語です。
     
    また、明治22年が舞台になっています。小難しいことは書いていません。この時代の風景を楽しんでいただけたらと思います。牛鍋屋でなぜかアイスクリーム食べていたり、汽車に乗って横浜に行ったり、幼馴染社長のわがままで横浜居留地のホテルに泊まったりします。
     
    今回は刺繍を題材に選び、主人公の一人、弟の瑞穂を繍師(ぬいし=刺繍職人)にしました。執筆にあたっては、京都で1200年以上続く日本刺繍・京繍(きょうぬい)を参考にしています。
    現在は30種ほどの技法を用いる日本刺繍ですが、工夫と組み合わせで実は数百種にもなるそうです。すごい!
    京繍のスゴ技動画はこちらをどうぞ。

    引用元:京都伝統産業ふれあい館ホームページ「映像ギャラリー」
     
    針を生地の表から裏へ通し、裏から表へと返す。ただ、その繰り返し。一見地味で単純な作業ですが、そこから広がる光と色彩、立体の世界は果てしないです。実演も何度か拝見いたしましたが、静かなのに迫力があります。まるで魔法のようだと思いました。その時の驚きと感動も『あやし絵刺繍幻燈譚』に込めています。
    日本刺繍に興味のある方、明治時代がお好きな方、兄弟ものにときめきを覚えるという方! お手に取っていただけると嬉しいです。
     
    以下、京繍の取材&体験記です。
    あとがきやtwitterでは書けなかったことを含め少し長くなりますので、興味のある方だけどうぞ。
    続きを読む

  • 東京ゲシュペンスト 登場人物

     

    東京ゲシュペンスト

     

    舞台

    1901(明治34)年・東京

     

    登場人物

     

    志明院 茉莉(しみょういん・まつり)

    16歳・男・三条家の居候

    黎姫に許され太刀「鬼屠白波宗近(おにほふるしらなみむねちか)」を手にすることができる。

    4月に上京したばかり。京都の山奥で育ったため、かなりの世間知らず。快活な性格だが、単純で他人の言動に踊らされやすく、姫や三条に振り回され苦労している。

    いつもは三条の仕事をいやいや手伝っているが、上京の目的は別にある。

     

    黎姫(くろひめ)

    年齢不詳・女・自称「茉莉の天命」

    茉莉のそばに寄り添う妖艶な鬼。

    艶のある長い黒髪、豊満な胸は見る者を必ず虜にするが、大抵の人間には見えない。刻印が与えられた相手のみ、実体として姫に触れることができる。

    茉莉にのみ心を許し、茉莉だけが触れることができる。千年前の記憶があるらしい。

     

    シラ(しら)

    10歳・女・真白い髪を持つ異国の娘

    白髪に青碧の瞳を持つ異国の少女。

    汽車で東京まで運ばれて来た。何者かに囚われていたらしいが、客車を破壊し脱走する。

    茉莉たちと出会い、「迷子」として三条家に仮住まいをすることになる。日本の言葉に慣れていないのか口数が極端に少ない。とある理由から黎姫に執着する。

    アイスクリームが好物。

     

    栢 聡一郎(かや・そういちろう)

    25歳・男・警視庁一等巡査

    顔はいいが、ひどく無愛想な巡査。

    「雷破(らいは)」という名の銃の所持を警視庁より許されている。弓の名手でもある。茉莉とは反目し合いながらも、目的を同じくするため協力をする。鬼の姿を見ることができるが、黎姫だけは白骨に映るらしい。

    以前から茉莉のことを知っているようだが……。

     

    三条 宗近(さんじょう・むねちか)

    36歳・男・華美を好む貿易商

    茉莉の宿主。絹物、砂糖、美術品を扱う「三条・オースティン商会」を、英国人のコンラッド・オースティンと共同で営んでいる。

    和洋折衷の広い屋敷に住み、大好きな紅茶と美術品に囲まれ暮らしている。ただし、貿易商はあくまで「副業」であり、本業はその名に由来するもの。

     

     

    novel by 史間あかし illustration by カノコ

     

     

  • 東京ゲシュペンスト

     

    東京ゲシュペンスト

     

     

    CAST

     

    志明院 茉莉 Shimyouin Matsuri

     

    黎姫 Kuro-hime

     

    シラ Shira

     

    栢 聡一郎 Kaya Souichiro

     

    三条 宗近 Sanjo Munechika

     

     

    ――1901 Tokyo Japan

     

     

     

     

    novel by 史間あかし illustration by カノコ

     

     

    人物紹介を更新しました

     

     

  • Amazonにて『花、燃ゆる睦月の事』の取り扱いが始まります

     

    hyousi

     

     第18回文学フリマにて頒布いたしました『花、燃ゆる睦月の事』(著:史間 あかし 挿画:撫子 凛)のAmazonさんでの取り扱いが11月21日(金)より始まります。

     『花、燃ゆる睦月の事』Amazonページへ

     A5判・56ページ(表紙フルカラー・本文モノクロ2段組)。ソラナダの各ページからも飛べるようになっております。

     

     明暦3(1657)年に起こった死者数3万人、多い記録で10万人とも伝わる、世界稀に見る大災害・振袖火事(明暦の大火)を舞台にした短編集です。大和乙女画家の撫子さんには表紙の他、各話に扉絵も入れていただきました。勝山髷の太夫や愛らしい小姓など、ぜひ手に取って愛でていただきたいです♪

     第1話「若芽の上」の途中までを試し読みできます。下記からPDFをダウンロードください。pixivでも試し読みバージョンを入手できるようになっております。
     hanamoyurupre

     

     本作には、火に迫られ花開く女心を書いた短編5作と番外編1作を収録しております。

     

    「おてんとうさまが、落ちた?」

     深く沈んだ江戸の町に、途方もなく大きな火が灯っている。

     古手屋の娘きくは、火に包まれた神田へとふらふらと向かう。おとっつぁんやおっかさんが、火に、火に。その時、きくの手を若い男が取った。そして、二人は走り出す。

    <町娘と同心見習いの物語「若芽の上」>

     

     己があさましくなるのなら。己に欲というものがあるのなら。

     ――ただ一人、会いたい人がいる。

     咲(さき)は火の迫る大奥から逃げ出した。「一緒に逃げよう」と言ってくれた幼馴染を捜すために。

    <大奥勤めの娘と幼馴染絵師の想いをなぞる「咲くやこの花」>

     

    「蕾。お前だけは、その言葉一つ汚れてはいけなかった」

     お前も、しょせんは夢幻。君影大夫は、甘く苦く疼く胸をしまって逝くつもりだった。それなのに、愛おしい相手が現れーー

    <元吉原は三浦屋でのある顛末「摘蕾」>

     

    (あれは……!)

     息をするのを忘れる。

     十歩ほど先の駕籠から降りた男に、梅野の魂は一気に引きずり込まれた。これほどまでに美しい男が、この世にいただろうか。

    <振袖火事の名の由来となった遠州屋梅野の恋を描く「花、燃ゆる睦月の事」>

     

     桔梗には、夫の心の内がわからなかった。あの人は、なぜ帰って来ないのだろう? 焼けた江戸の町をさまよった。その姿を求めて。

    「お前のその顔は、初めて見た」

     そして、夫は、妻の心が溶けていくのを感じたーー

    <京の商家から嫁いだ女と口下手な夫の話「みやこわすれ」>

     

     以上が本編の5話です。どれもさくっと読める長さですので、寝る前に1話ずつなどいかがでしょうか。番外編「花信風」は、火事の2年後を舞台にしています。

     

     今回の文学フリマには出店しておりませんので、ぜひこちらよりお求めくださいませ。

     『町医者風尹の謎解き診療録』共々よろしくお願いいたします!

     
     

  • 佐久間町の決闘(『町医者風尹の謎解き診療録』読み切り短編)

     

     先日に続きお知らせです♪

     

     * * *

     

     往診帰りの風尹は、十郎太が通う神田佐久間町の葛田道場を訪ねる。そこで目にしたのは、怪我を負い、稽古場の床を這う門弟たちだった。
    「葛田仙右衛門を出せ!」
     道場主に怒り、殺気を放つ男に、神田の医者は立ち向かう。
    「僕と立ち合ってもらうよ」
     よりによって道場一の高弟・十郎太は不在。この窮地を、風尹は脱する事ができるのか――?

     

     * * *

     

    pict0320

     

     10月15日、富士見L文庫より『町医者風尹謎解き診療録』(表紙の素敵なイラストはユウノ様作♪)が発売となります!

     

     富士見L文庫公式サイト

     

     公式サイトには特集ページ&本編試し読みもありますので、ぜひ! 登場人物や物語に絡めて書いた江戸コラムも読めます\(^o^)/
     本作がデビュー作となります。心を込めて書き上げました。お手にとっていただければ嬉しいです!

     

     この度『町医者風尹の謎解き診療録』本編の5日前に起こった一騒動を、読み切り短編にしました。風尹と十郎太はこんな奴っていうのが、だいたいわかる(?)話になっています。本編を読む前でも後でもお楽しみいただけると思います♪

     

     ではでは。下記よりPDFをダウンロードくださいませ! 短編だけに登場する史上の人物、神尾様&稲葉公について書いたおまけページもあります~。鯖……。

     

    佐久間町の決闘(『町医者風尹の謎解き診療録』読み切り短編)

     

     

  • 10月15日・富士見L文庫『町医者風尹の謎解き診療録』発売です!

     

     いよいよ来週、富士見L文庫よりデビュー作『町医者風尹の謎解き診療録』が発売となります! 第1回ラノベ文芸賞・金賞受賞作『大江戸医譚―PRACTICE―』を改題したものです。

     

    pict0320

     

    著:史間あかし

    超素敵なイラストはユウノ様です!

     

     公式サイトに特集ページもつくっていただいております。

     

    ★公式HPあらすじより抜粋★

     神田の人気美形医師・風尹が江戸を揺るがす陰謀に挑む!!

     江戸は神田で外科医を営む梶浦風尹(ふういん)は、職人達の人気者。祭の日、武家の娘を助けたことから相棒の同心・十郎太と共にある事件に巻き込まれていく。それは風尹が抱える秘密とも深い関わりがあって……。

     

    ――というお話。

     

     試し読みもできますので、ぜひぜひご覧くださいませ♪ 今回、時代小説が苦手だ~あまり読んだことないし~という方にも楽しんでいただけるよう、江戸コラムも書かせていただきました! 登場人物の設定や物語などを絡めながら書きました。「十郎太の身長は?」や「千歳屋の高麗人参薬の価値は?」など、私が書いていて楽しかったです♪

     

     試し読みで登場人物紹介も読めますが、歴史上の人物たちも物語に関わって参ります。あとちょい役で出て来る、あんな人やこんな人(笑)もいます。

     

     自作は、どれも大切で愛おしいものです。この町医者風尹も同じく、心を込めて書き上げました。

     また、本当に多くの方に支えられ、励まされてここまで来ることができましたこと、感謝申し上げます。

     

     拙作を手にしてくださった皆様に、楽しんでいただけますように。

     今後とも日々精進しつつ、何事にも全力で取り組んで参りたいと思います!

     何卒よろしくお願い申し上げます。

     

     あ、あと。明日には読み切り短編「佐久間町の決闘」もアップいたします!
     十郎太にちょっとだけ見せ場がある……かもしれない(笑)。本編の5日前の一騒動です。
     こちらもよろしくお願いいたします!

     

     

  • 「にっぽんだぁいすきてん in八芳園」お疲れさまでした!

     

     どうも史間です。
     前回お知らせいたしました「にっぽんだぁいすきてん in八芳園」! 本当にステキな7日間で、たくさんの笑顔に包まれて終えることができましたこと、感謝申し上げます。
     主催のたのしいことする。プロジェクト様、八芳園様、参加アーティストの皆様、スタッフの皆様、お疲れさまでした〜!

     

    momo1

     

     文原聡×井上文太&歌舞伎役者で創る「動く紙芝居桃太郎」や、職人の技が結集した美しい桃太郎の御所人形などが展示された「桃太郎ランド」の部屋はこんな感じでした。ゆっくり座って鑑賞できる贅沢な空間!

     

    momo2

     

     私が参加させていただいた現代小説版「鬼桃太郎」はこちらに展示されておりました。

     

    momo3

     

     第1話分をコピーして置いていたのですが、たくさんの方に連れて帰っていただいたようで。ありがとうございます〜!

     

    s4

     

     人形劇の世界を堪能できた展示は、全力で楽しかったです♪
     10月からの「シャーロックホームズ」の放送が待ち遠しいです。

     

     都合で前夜祭と2日間しか参加できなかったのですが、素晴らしい朗読にも出会えましたし、幸せな時間を過ごすことができました。最初に文太さんからお話をいただいた時は、まさかこんな凄いことになるとは正直想像していませんでしたが(笑)。すべてのご縁に感謝いたします。

     

     たのしいことする。プロジェクトさんは、
     FacebookTwitterがありますので、ぜひぜひのぞいてみてくださいませ! 次のイベントのお知らせも……あるようですよ!

     

     拙作「鬼桃太郎」のほうも、これで終わったわけではありません。というか、ここからが本番。引き続き文太さんと物語を創っていきながら、いろいろな形で発表していけたらと思っております〜♪

     

     そしてそして。10月には、いよいよデビューと相成ります!
     富士見L文庫より『町医者風尹の謎解き診療録』が発売予定です〜!!
     来月のラインナップに拙作があがっております〜。

     

     詳細は後日お知らせいたします。
     妥協をせず、かといって変に力みすぎず、いつも通り心を込めて書き上げました。江戸時代のお話ですが、手触り感のあるキャラクターを目指しましたので、時代物をあまり読まないという方にも楽しんでいただけると思います。また、より楽しんでいただける工夫も、ちょこっとだけさせていただきました。「えっ、そんな人出しちゃうの?」っていうマニアな部分もあったりしますので、歴史・時代物が好きな方にも、ぜひぜひ手に取っていただきたい一冊です!

     

     この秋もバタバタとしておりますが、何事にも全力で楽しみたいと思いますので、今後とも何卒よろしくお願いいたします!

     

     

     

  • 「にっぽんだぁいすきてん」in八芳園に参加します!

     

     どうも史間です。
     更新の遅れについては、最後に謝罪いたします(笑)

     

     さて、来る2014年8月23日(土)〜29日(金)の1週間、とっても素敵な企画展に参加させていただくことになりました!

     

     「にっぽんだぁいすきてん」in八芳園 です!

     

     主催は「一般社団法人たのしいことする。プロジェクト」さんです。アーティスト井上文太さんが中心となって活動されている団体です。

     

     井上文太プロフィール
     文太さんといえば、今年、三谷幸喜さん脚本のNHK人形劇「シャーロックホームズ」のパペットデザイン、人形美術監督を担当されています。すでに3話までが放送されていて、話題になっています。また8月には4〜6話の放送が予定されています。秋からの本放送も楽しみですね♪ 三谷幸喜×井上文太のタッグは前回の人形劇「新・三銃士」でも多くのファンを魅了しました。
     文太さんのお仕事は、キャラクターデザインだけでなく、本当に幅広く、そしていつも心を動かされます。今回の展示では、「新・三銃士」「シャーロックホームズ」の他にも、幅広い世界を魅せてくれる予感です……! 「シャーッロクホームズ」のスケッチを集めた作品集も販売される、ようですよ!

     

     さて、私はといいますと、上の展示会リンク先からご確認いただければと思いますが、会場内「桃太郎ランド」エリアにおきまして、現代小説の桃太郎を発表いたします!
     作品タイトルは『鬼桃太郎』。その序章を公開いたします。
     ……そう、序章なのです。これから、展示を重ねるごとに、結末にむかって冒険が進む予定になっております(ちゃんと結末までのプロットができております)。
    「なんだ完結してないのかよ」なんですが、この序章だけでも、今までにない桃太郎の物語を十分に堪能していただけると、生意気にも思っております。

     舞台は東京。鬼によって、国土のほとんどを奪われてしまった現代。
     桃太郎は、己の定めに従い、旅を始める決心をします。
     彼の側にいる者、彼を追いかける者。あのキャラクターたちを、大胆に引っかき回して創作しております(笑)。文太さんともいろいろと相談しながら、キャラクター創りを楽しませていただきました♪
     そして、小説には、井上文太の錦絵が添えられます! すっげー! すっげー! ←落ち着け

     

     各地に伝説が残る桃太郎。おおらかな日本人が受け入れてきた様々な信仰、考え方を物語の歯車にして、それを創作としての面白さに昇華しているところも、本当に魅力的な題材です。鬼の物語もまた同じです。日本に息づく桃太郎と鬼の物語を丁寧に拾いながら、『鬼桃太郎』ならではの世界観とキャラクター、ストーリーで新鮮な楽しさをお届けできたらいいなぁと思っております。

     

     おっと、小説の話に偏ってしまいましたが、「低燃費少女ハイジ」を生み出したアニメーターの文原聡さん、歌舞伎役者の澤村宗之助さんと中村蝶紫さん、痛めた腰に新幹線のGによってトドメを刺され悶絶してた……じゃなかった造形師の福田賢治さん、日本の伝統を未来へつないでおられる素敵な島田耕園先生など、私ここに並んでていいの……やばいんじゃないの……というすごい方がたっくさん参加されておりますので、ぜひぜひ足をお運びいただければと思っております。

     

     他にも、展示期間中は魅力的なイベントが盛りだくさんです! コンサートや朗読イベント、落語にお子様向けのワークショップ……ええっ、琴欧州親方もいらっしゃるんです!? いやぁ、もう多すぎて書ききれません(笑)。ホームページからチェックをお願いいたします♪

     
     
     そんなこんなで、更新が滞っておりました。言い訳……ですね。ぐぬぬ。
     すみません、すみません(平伏)

     
     

  • 『花、燃ゆる睦月の事』通販開始しました!

     
     先日2014年5月5日(月・祝)、東京流通センターにて開催されました「第十八回文学フリマ」。参加させていただき、ありがとうございました!
     たくさんの方にブースに来ていただき嬉しかったです♪ 合同参加に誘ってくださった撫子凛さま、宮鼓さまにも大感謝! ほんとに楽しいイベントになりました。機会があれば、また参加したいです♪
     
     その文学フリマで頒布した『花、燃ゆる睦月の事』がこちら。撫子さんによる素敵な表紙、何度見てもたまりません!
    hyousi
     A5判・56ページ(表紙フルカラー・本文モノクロ2段組)
     頒価600円
     
     こちらの通販を、今週よりとらのあな様にて開始いたしました。
     初めての通販で手間取ってしまいましたが(笑)、何とか無事に始めることができました。少しでも気になられた方、これも何かのご縁、お手に取っていただければ幸いです♪
     
     1話「若芽の上」途中までの試し読みも公開中です。下のリンクからどうぞ。
     hanamoyurupre
     
     明暦3(1657)年に起こりました、死者数3万人、多い記録で10万人とも伝わる、世界稀に見る大災害・振袖火事(明暦の大火)。その最中に花開いた五つの女心を描きました。想いに翻弄される者、ささやかでも確かな愛に気づく者、悲しみの先に光を求めて力強く生きようとする者、人の様々を通して何かを感じて下されば、これ以上嬉しいことはございません。
     
     あっ、ジャンルは女性向けとなっておりますが、男性でも十分楽しんでいただけると思います!(笑)女性の方はもちろん男性からも感想をいただいていて、とても励みになっております。
     
     梅雨に入りすっきりしない天候が続いておりますが、皆様お体には十分にお気をつけくださいね。私はというと、夏に向けてまた別の創作に入っております。近々お知らせできると思います。
     
     もちろん、フェアリース本編の更新もやる気満タンです!
     相変わらずのマイペースですみません。今後ともソラナダをよろしくお願いいたします♪
     
     

  • 『花、燃ゆる睦月の事』表紙&試し読み版公開!

     

     前回お知らせしました通り、史間あかしは2014年5月5日(月・祝)に東京流通センターにて開催の「第十八回文学フリマ」に参加いたします。

     

    ★ブース配置決定しました!★
    Fホール(2F) オ-43〜44
    サークル名:宮鼓撫子 史間あかし
    ぜひ遊びにいらしてください♪ 今回私はゲスト参加っぽい感じですが、いつか(いつだ?)ソラナダで参加したいなぁ。

     

     下に当日頒布の個人本、表紙&冒頭部分の試し読み版を公開しておりますので、まずはそちらをご覧ください。

     

    『花、燃ゆる睦月の事』

    文:史間 あかし 絵:撫子 凛

     

    hyousi

     

    A5判・56ページ(表紙フルカラー・本文モノクロ2段組)

    頒価600円

     

     撫子さんの描く、すてきなすてきな遠州屋梅野が表紙です!

     当日は、ぜひぜひお手に取っていただきたいです! 各話の扉絵も必見ですよ~♪ 扉絵の一つは、後ほどご紹介いたします試し読み版に入れておりますので、ご覧下さい。

     さてさて、今回題材といたしました振袖火事と申しますのは、明暦3(1657)年に起こりました、死者数3万人、多い記録で10万人とも伝わる、世界稀に見る大災害・明暦の大火の別名です。

     なぜ振袖火事と呼ばれているのか。その理由は、ぜひこの本の中に収録されております「花、燃ゆる睦月の事」でお確かめください。すでにご存知の方は、私の描く梅野の解釈をお楽しみいただければ幸いです。

     

     火に迫られ花開く、女心5つ。気合い入れて書きました!

     振袖火事の名の由来になった梅野の恋を史間風にアレンジした表題作の他、町娘と同心見習いの若者が登場する「若芽の上」、大奥勤めの娘と幼馴染絵師の想いをなぞる「咲くやこの花」、元吉原は三浦屋でのある顛末を描いた「摘蕾」、京の商家から嫁いだ女と口下手な夫のお話「みやこわすれ」を収録。番外編「花信風」は、火事の2年後を舞台にしました。

     明暦の大火や江戸の時刻方位について説明したページもあるので、時代物わからないよ~という方にも楽しんでいただけると思います。盛りだくさんの一冊です!

     

     では、今回は、1話目にあたります「若芽の上」、その一部分をご覧下さい。

     悩んだ末に大胆に公開することにいたしました(下記リンクをクリックしてください)。PDFで1.5MBほどございます。へへっ/////

     

     hanamoyurupre

     

     ……てな感じです。扉の子が1話目の主人公「きく」です。めっちゃかわいい/////

     さて。きくはどうなってしまうのか。日高はきくを守れるのかっ? 他の話はどうなってるの!?

     続きはぜひ、お手元に作品を!(笑)

     

     文学フリマに参加できないよ~という方は、イベント終了後に通販・委託も予定しておりますので、入手いただけると嬉しいです。

     

     当日は私もブースで売り子しております!

     お会いできるのを、楽しみにしております♪